fortran66のブログ

fortran について書きます。

【乞食速報】ARM compiler 無料化!

ARM compilers and libraries for HPC

community.arm.com

学士会報 第954号 2022-III

最近、全く面白くない学士会報ですが、最新号に多谷千香子「アフガン安定化への道筋」という記事があって、その中で中村哲医師がパキスタン側の水供給の減少を懸念したISI(Inter Service Intelligence) に雇われた殺し屋に殺害されたと書いてあったのが気になりました。この記事全体が、根拠を提示せずに色々断言していて、ポジショントークなのか周知の客観事実なのか判別がつかず当惑させられました。特にこのおばちゃんの経歴が元最高検察庁の検事ということで、こんなテキトーでいいのかと気になりましたw

他の記事では、おフランス文学の老害爺さんが「予算や任命権を盾にが医学や学術会議をコントロールしようとする改革は、学問の活力を殺ぐことにしかならないではないかと心が痛む。」とか書いていて、サヨクの阿呆ぶりに頭が痛みます。

これまでの学士会報で一番面白かったフランス文学話は、ランボーの研究者が反抗期の息子と衝突してイライラしながらランボーの詩集に向かうけれど、その詩集が青年ランボーが息子と同じ年頃の時に書いたものだと気づいてますますイライラする(笑)というようなことを書いていた巻です。

今号で他に面白かったのは、二股に分かれた大根で大黒様を祭る民俗祭祀の話です。二股大根はネットの面白写真で人気ですが、古い民俗信仰を呼び覚ましているのかもしれません(嘘)

https://static.curazy.com/wp-content/uploads/2014/09/2351835_1.jpg

https://corobuzz.com/wp-content/uploads/2014/10/sd52.jpg

www.google.com

【メモ帳】LFortran ブラウザ上で動く!?

LFortran

gitlab.com

スレの一番下までゆくと demo があります。

demo

ランタイム無しながら emscriptenコンパイルしてブラウザ上で動いているようです。

certik.gitlab.io

楽しそう!期待上げ

【メモ帳】民族音楽の時間 Tumbatu Cumba

今朝のエキゾチッククルーズ

NHK-FM 放送の音楽遊覧飛行・サラーム海上・エキゾチッククルーズで流れていた、Tumbatu Cumba の 「Sao Jorge」がとても良かったのでメモっておきます。

いまは検索するとすぐに元アルバムなども引っかかってサブスクサイトなどで聞けるのでいい世の中になったと思います。昔だったら CD 屋巡りなどを強いられてしんどかったことでしょう。人類の進歩と調和!

【寝言】地球照・水星

夕空

昨日、夕空に三日月が出ていたので写真を撮ったところ、肉眼では気付かなかった星がいくつか映っていて、水星も混じっていました。

右下から水星、アルデバラン、ベテルギュース。

astronomy.com

ALGOL は写っていません。

https://astronomy.com/-/media/Images/News%20and%20Observing/Sky%20this%20Month/2022/05/ASYSM0522_08.png?mw=1000&mh=800

月の地球照も美しい穏やかな夕べでした。

【寝言】

Fortran Vtuber? あらわる!

応援してゆきたいと思います!


www.youtube.com

メタバース

棺桶に片足突っ込んでるような人たちが作るメタバース。三途の川の流れに沿って、曼荼羅などを並べて、あの世への旅立ちの準備の世界をコンセプトにすればいいと思う。入場料は六文銭

www.itmedia.co.jp

【メモ帳】Nvidia の Flang

ララベル速報

f18 の時は威勢が良かったが、その後ずっとgdgdだったので、そろそろ頑張って欲しい。

とはいえ Nvida 的には CUDA にベンダーロックインさせる方が得なので、Intel, AMD が迫ってこないと本気出さないだろう気はする。 

www.phoronix.com

【メモ帳】火星人記録

フォボスの太陽面通過


www.youtube.com

太陽黒点が増えてきているようですね。

最近の本

本屋で見かけたのでパラパラと眺めてみました。Littlewood の本に似た構成で中々よさげでしたが、最後の Lie 群・Lie 代数に行くところで Schur 関数の指標論に進まず weight の方に進んで行ってるようでした。微小演算子は物理量とかに結び付くけど、テンソル合成などは指標でやった方が簡単だから、物理数学だと root・weight をこねくり回した後、いつの間にかヤング図と Weyl の指標公式が天下りで出て来て指標論に移るのでそのギャップが埋められたかどうか、後でもっと詳しく見てみたいです。

まだ本屋で見ない。

B5 サイズで中の活字の雰囲気もちょっと前の計算機演習書風でよさげです。

ronald brautigam

このおっちゃんのフォルテピアノが割と好き。


www.youtube.com


www.youtube.com