読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fortran66のブログ

fortran について書きます。

a(:) は必ずしも a ならず

配列の全配列操作を記述するとき、スカラーと配列を明示的に区別するために、配列名のあとに (:) をつけることが推奨されることがありますが、文脈によって微妙に意味が違う場合もあり、また副プログラム呼び出しの引数にしたときの挙動など、コンパイラの実…

4・23

こまった時はシェイクスピア 今日はシェークスピアの誕生日にして命日ではありませんか。

四月馬鹿 「How Thou Canst Maketh a Fine Program in Fortran」

今更ですが、四月馬鹿のジョーク記事で、18世紀風?の古雅な英語で書かれた Fortran インストールおよび、”Hello World!" ならぬ "Good morrow, and well met, O world!" 表示までの紹介記事がありました。www.digitalocean.com ちょっと面白かったです。作…

Fortran 2008 の pointer function で作った連想配列

Fortran 2008 の新機能 pointer function を用いて、簡単な連想配列 (associative array) を作ってみます。ここでは古典的な手法で、文字列をインデックスとした整数型連想配列を作ってみます。まず文字列を適当な整数に変換し、あらかじめ用意した配列のサ…

変数っぽく扱える pointer function

Fortran 2008 の新機能に、pointer を返り値としてもつ関数が、あたかも変数のように扱えるというものがあります。Modern Fortran Explained の 20.5.2 pointer functions denoting variables や The new features of Fortran 2008 の 6.2 Pointer functions…

派生型の再帰的割り付け成分

Fortran 2008 では、派生型の成分に自分自身を allocatable 属性で持てます。つまり再帰的に派生型を定義できます。再帰的定義は古典的なリスト構造によく使われます。Fortran 2003 までは、派生型の再帰的な成分は pointer 型に限られていました。pointer …

web clip メモ帳 

直リンが多くて申し訳ないが検索で飛んだ場所なので・・・・Modern Fortran www.admin-magazine.com www.admin-magazine.com www.admin-magazine.com ・フィンランド Fortran 講義 CAFあり Modern Fortran Programming for Chemists and Physicists・CAF スライ…

Intel Parallel Studio 2018 ベータ始まる!

Intel® Parallel Studio XE 2018 の Beta が開始になりました。 software.intel.com Fortran v.18 は、パッと見たところ Fortan2008 規格の主な機能にほぼ完全に対応した感じです。長らく待たれていた、リスト構造を扱い易くする type 中での再帰型 allocata…

バノン氏失脚の噂と米白人の寿命低下からの随想

トランプ米大統領の躍進の陰には、米白人弱者の困難な社会的状況があると言われていました。その証拠として、米白人庶民層の寿命低下がよく取り上げられています。背後には、生きる意味の喪失とそれに伴う酒・薬物依存すなわち自暴自棄(今風にいえばセルフ…

Chapman 本 第4版

いつの間にか Stephen Chapman の FORTRAN FOR SCIENTISTS & ENGINEERS の第4版が出ていたようです。目次を見た感じでは coarray の章が付け加わったものと思われます。値段はアマゾン3万円越えという豪奢な仕様。米アマゾン価格は $230 位なので何故なの…

NHK 朗読の時間「草枕」

www4.nhk.or.jpいま夏目漱石の「草枕」が NHK のラジオ第二放送でやっていて、ストリーミングでも聞けます。ずいぶん昔に放送されたものの再放送だと思います。昔FM放送で聞いた時は、本で読んだ時と印象が違って聞こえて、その辺が面白かった記憶がありま…

chapel 1.15.0

年二回の cray の chapel の更新がありました。犬の毛が抜け替わる頃に更新があります。Docker 対応など地味に進歩し続けています。Docker は Virtual PC では何とかなるようですが VMwareと共存できなさそうなので困ります。気のせいか最近 VMware に落ち目…

並列Fortranシンポジウム第三回

並列Fortranに関するシンポジウムのご案内(第3回) 「並列Fortranの現状と展望」 ~現代化か肥大化か?~並列Fortranに関するシンポジウムのご案内(第3回) - 高性能Fortran 推進協議会年一回で順調に今年も会合が開かれるようです。高抽象度のプログラム…

整数の集合和

二つの整数配列があって、それぞれを集合の要素だと思って、二つの配列の集合和をとることを考える。それは二つの配列を単純に合併したあとで quick sort の微妙な変形で、重複する要素を省きながら sort する関数に掛けることで実現できる。 実行結果 再帰…

ACM SIGPLAN Fortran Forum 4月号出る!

年三回発行の Fortran 同人誌の最新号が出ました。今号も記事2本ですが、枯れ木も山の賑わいwACM SIGPLAN Fortran Forum Pointers for handling input and output Arjen Markus Compiler Support for the Fortran 2003 and 2008 Standards Revision 21 Ian…

Bash on Windows 上の gfortran + F03GL + FreeGlut による OpenGL

Bash on Windows Windows10 では、ベータですが Ubuntu 系の bash が使えるようになっています。次の大型 update で正式になるという噂です。 その bash 上では gfortran が簡単にインストールできます。sudo apt-get install gfortran ここで OpenGL で作画…

PathScale 社苦境へ

HPC wire によりますと、Fortran コンパイラメーカの PathScale 社がいよいよ苦境に陥って身売りに入った模様です。 www.hpcwire.comかつて AMD が元気があったころに、AMD 向けの Fortran/C/C++ コンパイラを作るといって張り切っていましたが、その後 AMD …

ハードウェア乱数生成

#古典講読 アンソニー・ラルストン、ハーバード・S・ウィルフ共編「電子計算機のための数学的方法II」中の第12章乱数生成の脚注によると、Ferranti Mark 1 には雑音二極管による乱数生成装置が付いていたそうである。Ferranti Mark 1 - Wikipedia

maxloc, minloc の mask = .false. の時の挙動

いつの間にか、intel fortran での maxloc, minloc の mask 全部不成立時のデフォでの挙動が変わっていてちょっと焦りました。intel fortran v.17 のヘルプより引用 If array has size zero, or every element of mask has the value .FALSE., the value of …

Damian Rouson による co-array に関する講演

Scientific Software Design: The Object-Oriented Way の著者 Damian Rouson の Fortran 2015 に関する講演が youtube にあっぷされていました。主に coarray の機能の内 Fortran 2015 で採用される予定のものについて解説しています。 insidehpc.comTutori…

355/113 - π

円周率の近似分数に 22/7 がありますが、この値が円周率に如何ほど近いのかは、積分によって評価できることが知られています。これは分子を展開して地道に計算することで証明されます。これを知れば、も同様にして求められるのではないかと思うのが人情でし…

【悲報】マイロー・ヤノプルス氏転落!

米ネトウヨ界のアイドル、マイロー・ヤノプルス氏が過去の発言をほじくられて転落の危機に陥ったようです。今回はサヨク側ではなく、保守本流・共和党主流派などからの奇襲攻撃でずっこけたようです。出版予定の本は出版社からキャンセル、保守派講演会から…

スティーブ・バノンと終末論??(その2)

スティーブ・バノンと終末論に関して別の記事もあるようです。 blogos.com 溜池通信によるその要約 バノンは組合員労働者の家庭に生まれ、ハーバード大学を出て海軍に進み、ゴールドマンサックスを経て「エスタブリッシュメント」に成り上がった。 ... その…

スティーブ・バノンと終末論?

元ブライトバート・ニュース・ネットワークの会長にして、トランプ大統領の現首席戦略官スティーブ・バノン氏に関する面白い記事がありました。元記事とともに紹介されています。 geopoli.exblog.jp www.businessinsider.comこれによると、スティーブ・バノ…

パスカルの三角形とシェルピンスキーの三角形

ネットを徘徊していたところ、パスカルの三角形の偶奇性をプロットすると、シェルピンスキーの三角形が出てくるという記述があったので、確かめてみました。 ソース・プログラム Fortran2003 program pascal implicit none integer, parameter :: n = 32 int…

新刊

Fortran 新刊予定 Scientific Software Design: The Object-Oriented Way の著者 Damian Rouson による新刊が出るようです。タイトルは、Modern Fortran: Tricks of the Software Engineering Trade 11月出版予定になっています。https://www.crcpress.com…

Fortran 文書まとめメモ

年末にゴミ掃除をしていたら出てきた文書の整理◆歴史 M. Metcalf : JSC&T vol.11 (2011) 1. The seven ages of Fortran Ian Chivers & Jane Sleightholme Fortran history and development http://www.fortranplus.co.uk/app/download/23714468/Fortran_hist…

冬至 太陽復活

メリー・クリスマス!

ACM SIGPLAN Fortran Forum 12月号出る!

年三回発行の Fortran 専門誌 ACM SIGPLAN Fortran Forum の今年最後の号がでていました。今月号の中身は寂しく、Fortran コンパイラの比較記事と、規格対応度の比較記事の2本だけでした。ACM SIGPLAN Fortran Forum 記事中にあるコンパイラはそれぞれ以下…

【悲報】CoArrays: Parallel Programming in Fortran 出版社リストから消える

東日本大震災の前から出版予告がされながら、なかなか出てこなかった、 Robert W. Numrich & John K. Reid の”CoArrays: Parallel Programming in Fortran”ですが、Chapman & Hall/CRC のサイトから消えていることが分かりました。おそらく Fortran2015 規格…

【乞食速報】Springer $30 off クーポン

www.springer.com期限は今年いっぱい。 紙の本にも電子書籍にも使える。

【乞食速報】O'Reilly の Unix 旧譜$1~$15の寄付でゲット可!

www.humblebundle.comデフォの寄付金が$20くらいになっているので要注意w

NECの次世代スパコン計画についての記事

hpcwireに面白いニュースが載っていました。 www.hpcwire.jpベクトル演算装置を、IntelのPhiやNvidiaのCUDAのようにするようです。ただし、ホスト側とは独立して稼働するようなので、IntelのPhiに近いような気がします。同じ号では、IBMがPOWERをホストにし…

【乞食速報】Springer Books コンピュータ科学電子書籍 全品 $9.99

www.springer.comCyber Monday Sale: Every Computer Science eBook only $9.99 This offer is valid through November 28, 2016* Choose from over 20,000 Springer titles Apress print books only $12.50 Coupon: Cyber16惜しむらくは、現在トランプ効果…

Internet Archive で FORTRAN 古文書が読める!

Internet Archive Search: FORTRAN WEB 魚拓の先祖としてずいぶん昔から存在している Internet Archive ですが、いつのまにか機能が増えて、文書のスキャンも多く集めているようです。昔の FORTRAN のマニュアル類が結構多くて楽しめます。アメリカ合衆国国…

Fortran-tools 新版

www.fortran.com米 Fortran company の Fortran tools の最新版が出たようです。昔 Fortran90/95 のサブセットの F を開発していました。地味に面白いことをやっています。Fortan coding rule 案も載せています。

来年(平成29年)のアメリカ大陸横断皆既日食

eclipse.gsfc.nasa.gov 昔、皆既日食の写真を見た時に、地平線の方が夕焼けのように赤くなっているので、太陽が真上にあるのに夕焼けとは面妖な・・・と思ったのですが、実は月の影の直径が百キロ程度で、その外側からの光が漏れ入ってきて夕焼けのようになって…

MAKE FORTRAN GREAT AGAIN !!

http://oomorigohan.tumblr.com/post/148158593091oomorigohan.tumblr.com

MacMahonの分割数の表

Hardy と Ramanujan が分割数 p(n) の漸近形などを求めるに際して、元駐インド陸軍少佐 MacMahon の求めた n=200 までの分割数 p(n) の表が役に立ったと、よく本に出てきます。ところが この表に関してはリファレンスが無いのが普通で、また MacMahon 少佐の…

冨田勲特集 キーボードマガジン

本屋をながめていたら今月のキーボードマガジンで先日亡くなられた冨田勲氏の特集記事が組まれていました。1980年代のインタビュー記事が、数本覆刻収録されております。

分割数 p(5n+4)≡0 (mod 5) の証明

分割数 p(5n+4)≡0 (mod 5) の比較的簡単な証明が、ハーディ&ライトの数論入門にあることが分かりました。日本語版では下巻の冒頭の分割に関する章にあります。p(7n+5)≡0 (mod 7) も同様に求まるようですが、p(11n+6)≡0 (mod 11) は難しいとありました。 補…

産地偽装の中国産蓮根

民進党のジャスコ岡田さんの実家、AEONは産地偽装や虚偽表示の商品が大量にあったことで有名でしたが、最近は改善したのでしょうか。関係ないですが、中国産蓮根の産地偽装ニュースをなんとなく思い出しました。 2008年10月25日(土) 11時39分レンコン産…

IBM Power9 でハードウェア四倍精度実装

Ando's Processor Information Page の情報によりますと、IBM が Power9 でハードウェア四倍精度実装するそうです。 http://www.geocities.jp/andosprocinfo/wadai16/20160827.htm Fortran では、単精度実数とデフォルト整数の語長が一致することになってい…

しょうもない読書

先日、ネット書店のポイントが当日で失効するというので、慌てて本を探したものの読みたいものとてなく、特別安売りの地政学本を電子書籍で買ってみました。アマゾンだと、これ。 無知性学といった感じの地政学の本です。最初の1/3位のイントロは、酒家で酔…

メモ帳

Young の上昇演算子で、同次対象関数 h_λ を使って、シューア関数 s_λ を展開する(またはその逆)をやりたいのだがが、ががが。Murnagham 式に、上昇・下降演算子ξ^-1,ξで表わして行けるかと思ったが、むしろ符号の問題が面倒で仕切り直しになった。 実行結…

Winodows10 anniversary edition Bash on windows で GFortran 楽々

Winodows10 anniversary edition がダウンロード可能になっていますが、目玉機能の一つとして Ubuntu と互換性のある bash shell が利用できるようになりました。インストール後、 1.更新とセキュリティ左メニューから、開発者用オプション->開発者モード…

ACM SIGPLAN Fortran Forum 8月号出る!

年三回発行の Fortran 情報誌、ACM SIGPLAN Fortran Forum の最新号が出ました。最近、記事日照りでしたが、今号は 例外処理、coarray がらみなどで 4本記事がありました。ACM SIGPLAN Fortran Forum

分割数 p(n) の直接計算 Haskell 版

ずいぶん前に Hutton の Haskell 本を読んで、階乗くらいしかプログラムを書かずに放置していましたが、夏にもう一度勉強しようかなと思ってみました。とりあえず Fortran で書いた 分割数 p(n) の直接計算を移植してみることにしました。文法をよく知らない…

トランプ大統領の方が日本の得?

www.youtube.com去年の秋ごろは、どうせブッシュ弟が勝つだろうと思っていたらこの展開。勢いがあり、しがらみがなく、建前論を排す。トランプは、人々が無意識に抑圧していることを単純明解に語り、自由度が大きいので強い。演説の最初と最後で Political C…

分割数 p(n) の直接計算

Hardy & Ramanujan と Rademacher によって、分割数 p(n) を漸化式を使わずに、直接計算できる式が与えられています。これを使って分割数を求めてみたいと思います。なお式の証明には、かなり高度な知識が要求されるようなので、結果だけ頂戴します。 分割数…